患者によっては、病気や怪我の影響により、本来の運動機能を損なわれていることがあります。身体機能の障害は、日常生活の質を下げる問題です。
そのため医療現場では、リハビリテーションを通して、身体機能をできるだけ取り戻すための取り組みが行われています。リハビリへの取り組みは、辛い内容のものも多く敬遠する患者も多いです。しかし、リハビリをサポートする医療機器開発により、できるだけ取り組みやすい環境作りを行う事が可能です。

人々の健康や快適な暮らしを支えるため、リハビリ用医療機器の開発に対し、フリーエンジニアとして参加することが可能です。リハビリ用の医療機器に電子工学や情報工学を応用することにより、患者の動きをサポートする事ができ、リハビリ効果をさらに引き出せます。そのため、一見畑違いに思える情報技術の分野からも、リハビリ用医療機器開発の職場で、フリーエンジニアとして働くことができる可能性があります。

また加えて、情報処理の技術のみならず、リハビリ用の医療機器を開発に役立つような、作業療法士といったリハビリ関連の資格を取得しておくとさらに有利です。リハビリの方法について、専門家として具体的に知識を持っているかどうかで、開発にとって重要な部分に携わることができるかという点で大きな違いが表れます。情報技術者と作業療法士という両方の技能を身につければ、リハビリ用の医療機器の開発現場で活躍ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2017 医療機器開発にITスキルを活かす! All rights reserved. | Powered by WordPress
Theme created by @julienrenaux